アセロラ

アセロラというのは別名・バルバドスサクラというそうです。西インド諸島などに群生するキントラノオ科の植物だそうです。熟した果実は果汁が多いそうです。産地では生で食べたりするそうです。果皮がとても薄いそうでやわらかいということで痛みやすいそうです。収穫後にはすぐにジュースにしなければならないそうです。そのため生の実は産地以外では食べることができないそうです。成熟果実にはビタミンCが可食部100gあたりに1000〜2000mg以上含まれているそうです。植物の中で最大級のビタミンC含有量といえるそうです。アセロラはレモン10個分以上のビタミンCといわれているそうです。ビタミンCというのはからだの免疫力を高めてくれるということで風邪などの感染症にかかりにくくなるそうです。副腎皮質ホルモンの生成に働くそうで、ストレスの抵抗力を高めてくれるそうです。また、メラニンの生成を抑制するという働きの他に、細胞間の結合組織であるコラーゲンの生成に関与しているそうです。ハリのある肌をつくったりするそうです。ビタミンCというのは病気の予防からシミを防ぐなどの美肌効果までさまざまな働きをするそうです。アセロラというのは、ビタミンを豊富に含むことから壊血病に対する有効性が報告されているそうです。生のままでは、酸味が強すぎるということで食べることはできないそうです。妊娠中や授乳中の人には、ジュースやゼリーなどの食品として適切な量を摂ることはよいそうです。ただし、錠剤などのサプリにした製品の摂取は控えたほうがいいそうです。痛風がある人も摂取を控えたほうがいいそうです。腎結石の既往歴がある人も使用を控えたほうがいいそうです。