日光浴とセラトニンのお話

最近は、美白サプリメントなどの摂取とともに、太陽の紫外線を浴びる事を極力控えるような人々がおりますが、適度な日光浴は、人々にとってとても大切なホルモンを分泌するのに必要であったりするのです。その1つに「セラトニン」と呼ばれる神経伝達物質があるのですが、「セラトニン」は、集中力が高まったり、ストレスを軽減したり、気分的に高揚したりするような効果がるようです。また、「セラトニン」は、良質な睡眠を生み出してくれる、「メラトニン」と呼ばれるホルモンとなって、良い眠りに導いてくれる働きがあります。日中15分ほどの日光浴でも構わないようですので、太陽の下で、その光と温もりを感じる時間を設けてみてはいかがでしょうか。紫外線の効果として、体内にビタミンDを作成する事で、抗がん作用や骨を丈夫にするような作用も期待できるようです。仕事の合間の休憩時間に、外の空気を吸いながら、太陽の恵みを受けながら、凝り固まった筋肉や、気持ちをほぐしながら、簡単なストレッチなどもエクササイズとして取り入れてみましょう。