ドライブは安全に

連休中などの正気休暇に、長距離のドライブなどを企画して、高速道路などを走っていると渋滞に巻き込まれることがありますよね。自動車は快適な移動空間ではあるのですが、場合によっては、安全運転のために、気を配ばりながらの運転のストレスは、かなり大きいものだと考えられているようです。車に乗車している間は、座席に々姿勢でいる事がほとんどで、体勢を崩すことができないので、肩こりや首こり腰痛などが発生し野菜などとも言われています。最近では、様々な便利グッズとうして、車内で使用する専用のクッションなどの便利グッズが開発されていますが、何よりもこまめに休息をとり、凝り固まった筋肉をほぐすように、ストレッチをしながら、外気に触れてリフレッシュすることなども、大変重要であると考えられています。最近は、高齢者ドライバーなどの老化による運転技術に関する問題も取り沙汰されてはいますが、年齢の若いドライバーであるからと言って運転を過信してはいけません。乗り物を、長時間、ご利用される場合は、事前に計画性をもって、休憩を含めた移動スケジュールを組まなくてはなりません。場合によっては、大きな事故やトラブルを招きかねない自動車運転ですのでどうぞ安全運転で楽しんでくださいね。