安全で快適なドライブの為に

車の運転席で、深く腰をかけた時に、皆さんの足が、ブレーキやアクセルペダルまで無理なく届く位置が、運転座席の正しい位置などと言われています。膝が軽く曲がり、膝の高さが足の付け根の高さよりも高くなるぐらいがベストな位置とされています。膝を伸ばさないと、ブレーキやアクセルペダルに届かないようであれば、とっさのアクシデントに反応して、トラブルを回避することが難しくなる可能性もありますので、運転席の正しい位置をきちんと把握する事で安全運転を致しましょう。車の運転は、緊張感を伴い、長時間同じ姿勢でいるために、肩こりや腰痛などが発生する人が多いようです。腰などにクッションを当てたり、反発性のあるクッションなどを利用して、肩こりや腰痛などを軽減している人もいるようです。長時間車の運転をすることは、誰にとっても心理的なストレスや、身体的な負担が多く負荷としてかかりますので、必ず疲労感を感じる前に、休憩をこまめにとることが大切です。疲労感を覚えることで、集中力などがなくなり、さらに緊張感を増す事から、肩こりや腰痛に大きく影響が出てくるなどと考えられています。