腸骨のねじれを調整する方法というのは、仰向けになって、両肩、お尻を床につけて脚を伸ばすそうです。腰が痛むほうの脚から始めるそうです。痛む方の脚のくるぶしの部分を、もう一方の膝の上にのせるそうです。全身の力を抜いて、曲げたほうの膝を床につけるように倒すそうです。全身の力を抜いて、曲げたほうの膝を床につけるように倒すそうです。床に膝はつかなくても大丈夫だそうです。そのまま全身の力を抜いて、30秒その姿勢を保つそうです。

30秒たったら脚を伸ばして、15秒休むそうです。

この動作を3回行って、終わったら反対側も同じようにするそうです。

1日2回以上行わないようにしなければならないそうです。腰まわりの筋肉を軟らかくして、また、腸骨のズレとねじれを調整することで骨盤を正しい位置に戻すことで、腰全体の筋肉の緊張を和らげることができるそうです。

これらの緩消法をきちんと行うと、腰からくる肩のコリは解消されるそうです。

慢性的な肩こりに悩まされているならば、腰の筋肉が硬くなっていないかどうかチェックしてみるといいそうです。ほとんどの人が自分の腰の筋肉が硬くなっていることに気づいてなかったことに驚くそうです。肩こりだけではなくて、腰痛もあるという場合は、特に慎重にやらなくてはならないそうです。様子をみながらやって、無理に回数を重ねるということはしないでほしいそうです。

腸骨のズレやねじれということに関しても、一度で正しい位置に戻すことができなくても、一日に何度も行わないようにしてほしいそうです。ズレやねじれが大きいと、一回では戻らないそうです。その場合でも次の日にやってみることが大事だそうです。日を重ねてほしいそうです。

BDRS肩こりとおさらばのトップへ