腰まわりの筋肉繊維にアンバランスな動きをさせると、筋肉の構造上、支点となっていた筋肉の緊張部分が軟らかくなるそうです。

筋肉が緊張しすぎているところに指先を軽く押し当てるそうです。

その部分を支点として筋肉の動きのバランスを崩すことで、筋肉を軟らかくしていくことができるそうです。

まずは足を肩幅より少し広めに開いて立つそうです。立てない場合は座ったままでも大丈夫だそうです。親指を脇腹の方向から真横に入れるそうです。

軽く押して痛い場所を探すそうです。筋肉が緊張していると、軽く押すだけで痛みを感じるそうです。親指は痛い部分にあてる程度にするそうです。

無理に押してはいけないそうです。

押さえた指を支点にして、左右に上半身をゆっくりスムーズに傾けるそうです。

筋肉が硬くなっているところを探して、親指を腰方形筋と脊柱起立筋の間に入れるつもりで横からだそうです。無理に押さないことだそうです。親指を腰にあてて、筋肉の痛みのある部分を軽く押して探すそうです。押し当てたまま親指を支点に、左側に上半身を傾けるそうです。

1秒かけてスムーズにするといいそうです。傾きに気を付けて欲しいそうです。

反対側も同じようにするそうです。これを繰り返して硬くなっていた腰の筋肉が軟らかくなって、親指が抵抗なく筋肉に入っていくようになるそうです。

腰周りの筋肉を片側だけ軟らかくするということがあるそうです。

筋肉が軟らかくなって、軽く押し当てるだけで親指が筋肉に入っていく感覚をつかんでほしいそうです。親指が筋肉にもぐっていかず、硬さを感じる場合には、まだ筋肉の緊張は続いているのだそうです。片側だけ傷む場合は傷む方を集中的に親指を押し当てるそうです。

BDRS肩こりとおさらばのトップへ