肩の筋肉の緊張というのは、ほとんどが腰の筋肉の緊張で生まれたものだそうです。

腰の筋肉というのは、身体の中で一番量が多いので最も力がある筋肉になるそうです。そのため、腰の筋肉が緊張してしまうと、上半身の筋肉も緊張してしまうのだそうです。

腰の筋肉の緊張をほぐせば、肩こりの方も解消していくと考えられているそうです。肩こりがひどい人は腰の筋肉もとても硬くなっているのだそうです。

腰痛緩消法というのは、安全な方法だそうです。

ただ、忘れてはならないのは、緩消法には順番があるということだそうです。

自己流でやったり、痛みがあるのに無理をするというようなことをすると悪化したりするそうです。また、慌てて順番を飛ばしたりするのも絶対に避けてほしいそうです。

具体的には、腰回りの筋肉を振動させる、腰回りの筋肉を左右同時に軟らかくする、腰回りの筋肉の片側だけを軟らかくする、上半身を前後に動かして、腰回りの筋肉を軟らかくする、上半身を捻って腰回りの筋肉を軟らかくする、腸骨のズレを調整する準備、腸骨のズレを調整する、腸骨のねじれを調整する準備

①、腸骨のねじれを調整する準備

②、腸骨のねじれを調整する

①、腸骨のねじれを調整する

②だそうです。

まず腰回りの筋肉を振動させるというのは、太ももの外側の筋肉を叩くことで、腰の筋肉を振動させて、軟らかくする方法だそうです。

必ず片足ずつ行わないといけないそうです。

痛みを感じる方の足から始めるそうです。

両足同時だと腰の筋肉は振動しないそうです。まず椅子に腰掛けるそうです。膝の角度は90°に曲げるのが大切だそうです。足を叩くときはできる限り強く叩くそうです。ももの筋肉を壊さないようにしないといけないそうです。

BDRS肩こりとおさらばのトップへ