肩こりの解消法として緩消法というものがあるそうです。

緩消法では、筋肉の硬い部分に指をあてて行うのだそうです。

その指の当て方には注意が必要だそうです。指をあてる強さというのは軽くだそうです。強さの目安というのは、赤ちゃんの頬に触れる程度ということだそうです。ほとんど添えているという程度だそうです。

マッサージのように指圧のように揉んだり強く押したりはしないようにしなければならないそうです。そういうことをすると更に筋肉は緊張してしまって硬くなり、悪化を招くそうです。

肩の筋肉を軟らかくするのは、肩を回す、肩を上下に動かす、頭を左右に動かす、頭を前から後ろに動かす、腕をまわすということがあるそうです。

これらを緩消法を用いながら行うそうです。

肩をまわすことで、肩の筋肉のほとんどが動くそうです。指先で軽く押したときに、コリを感じる場所に指をあてるそうです。決して強く押さないようにしなければならないそうです。

指をあてたら、一周4秒かけて、2回回すそうです。その後、指を離して2秒以上休むそうです。このセットを三回行うそうです。そして他のコリを感じるところに指を移動させて、同じことを繰り返すそうです。3セット行った箇所は、10分以上休むようにしてほしいそうです。

肩は、前回し、後ろ回しのどちらでも構わないそうです。

肩を回しただけではすべてのコリがほぐれていない場合は、今度は肩を上下に動かしてほしいそうです。

また、頭を左右に動かす、頭を前後に動かす、腕を回すという方法のうちに、コリや痛みを感じる筋肉というのが、一番動く動作を選んで、解消法を行うそうです。どの動作も、指先で軽く押したときにコリを感じる部分に指をあてるそうです。

BDRS肩こりとおさらばのトップへ